Salsiccia!DELIの塩味の新野菜、ソルトリーフ(バラフ)

2008年04月15日

P1020253.JPG
バラフ、である。
当店ではソルトリーフと呼んでいるが、これは仕入先国立ファームでの商品名。
去年あたりから出回り始めた珍しい塩味野菜だ。

水滴のように見える粒粒は、実は葉の一部でミネラル分を多く含む、
「プラッター細胞」。
食べるとやや控えめな酸味としっかりした塩味が広がる。
これだけ食べるならドレッシング不要、である。

そもそもは南アフリカ原産の「アイスプラント」という植物でである。
これを佐賀大学農学部の野瀬博昭教授が研究して栽培法を確立、
門下生の下田敏史さんが、ベンチャー企業「農研堂」を起こし、事業化した。
「バラフ」ははお二人のネーミングで、スワヒリ語で氷や結晶を意味するらしい。表面の粒粒のイメージだ。

ソルトリーフサラダイメージ.jpg
当店では、中屋孝英シェフが大きなイチジクと一緒にサラダにしてくれた。
ソルトリーフ(バラフ)だけでもうまい。
イチジクだけでもうまい。
一度に食べると、
つぶつぶの食感、塩味でイチジクの甘みが一段とたち、そして酸味が
綯い交ぜになってやってくる。
食べたことのない不思議なおいしさ。

ソルトリーフとイチジクのサラダ.jpg
ソルトリーフとイチジクのサラダ1200円。
イチジクがないときは、枇杷にするそうな。
(それもうまそう)

中屋く〜ん、わたしの分も、作ってよ〜〜〜〜(^^ゞ

■Salsiccia!DELI
 目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション112
 TEL&FAX 03-3794-3648
 URL http://www.3648.jp/
 営業時間 基本的には11:00〜23:00(15:00〜18:00は結構閉めてます)
 休日 4月中は毎週月曜日(結構適当ですが、仕込が追いつかなくて休んでます)


posted by foody at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい店(東京)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。