COVI's@南青山・外苑前その1 おいしいやさしいお店

2007年10月30日


某筋からおすすめ情報があって
南青山、AVEX裏の、緑色のビルの地下にある
COVI’Sさんへ行った。まだ開店早々である。

小林さんと佐藤さんという、
40代の男性二人でやっている。というので
しぶーいフレンチベースのおいしい食事の店、と思ったら
AVEX裏の隠れ家みたいな袋小路で、看板もごく小さく
(後で、もうちょっと大きな看板を出す予定らしい)
1〜2階はおしゃれ〜な美容院で、ビルの外側も緑色に光る
おしゃれーなビルで、(おい、おしゃれだ、ぞ)
男二人で、ちょっとたじろいだ。

中も、結構おしゃれだった(^^ゞ。

とりあえず、ビールを頼んで落ち着こう。
おつまみです、とすばやく色鮮やかなピクルスが。

当店は、イタリアンもフレンチも和食も十分にこなしたベテランのお二人が、「野菜を食べてもらおう」と作った店、とのこと。

なんてきれいな、ピクルスだろう。
野菜のことを考えてる人だな。
野菜と話しながら作っているのがわかる。
どこにでもある野菜ばかりだが、それぞれの役割も彩りもキチンと出来ている。
にんじんはにんじんらしく、胡瓜は胡瓜らしく、である。




2人でやっているのに、パンはすべて自家製。

いきなり4種のフォカッチャが出てくるが、
メニューにはパンはない。

それだけで彼のフランスへの気持ちが分かる。
店は、料理も酒も味わうが、人をも味わうところである。

フードメニューは単品16品。@600〜1,500円!
どこにでもある旬の野菜を生かした料理が多い。
が、出来てくるものはどこにでもあるものでは、ない。

コースメニューは3800円とお任せの5500円。
3800円は前菜2皿、主菜、炊き込みご飯(!)、デザート、コーヒー。


酒はワイン主体。
ワインリストも面白い。
オーガニックのもの、日本のものも含めてリストには23種。
ボトルで、3,500円〜15,000円。
選んだ人の豊かな経験と思いの分かる秀逸なリスト。
リスト以外にも、山のように持っていそうだ。

わたしは、モンラッシェとジュブレイシャンベルタンを通じて
フランスを旅し、フランスを肌で(舌とのどで?)感じた、様な気がする。
いまだにワインはブルゴーニュである。
華やかな香りと、ふくよかな味わいと、ボディのしまり方、が好きだ。
ちょっとフンパツしてシャサーニュの赤7500。

グラスに移す。
冷えているのも良い。
色は浅い、がボディは強い。


グラスも、きれいなリーデルだ。

口に含むと、Beauneの丘を渡る風がやってくる。
湿った黒い土の匂い、やブドウの葉っぱの匂いや…。


島根産のアジのマリネ、の山盛り☆☆☆
うー、マイッタ。
ここまでやるか〜。

アジは、ひねていなくてさわやか、スーッと歯が入って、
そのあと、どーんとあぶらが来る。
(これだけでうまいよ(^^♪)

ジェノヴェーゼソースはフクザツ、しっかりした味わいで
アジに負けない。

たくさんのトマトは、甘く、やさしくさわやか。

そうか、こういう人なんだね〜。

魚もこだわりだ。島根県多伎漁港の漁師山本さんの船で取れたものを直接仕入れる。だから、その日によってサプライズメニューがある。
もちろん、時化たときは、ない。
ちなみにメニューで一番高い料理はかんぱちのセモリナ粉焼き。


・店名 : COVI’s(コヴィス) 欧風料理-その他
・住所 : 東京都港区南青山3-3-23 STA-Building B1
・TEL : 03-5411-4776
・営業時間 : 11:30〜13:30 18:00〜24:00
・定休日 : 第1、第3日曜日
・最寄り駅 : 外苑前
・野菜、島根多伎湾の船買いの魚、安くてよいワイン


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

COVI'S@南青山の力強い野菜づくしの料理
Excerpt: 秋晴れの日、COVI’Sで野菜料理の食事会。 黄緑色の外観も日に映えてまぶしい。地下へ下りる階段には三浦野菜のブラックボードにしいたけ、かぶ、赤大根、と書かれている。どれも三崎で採れる野菜たちだ。..
Weblog: 【プロジェクトユリイカ】食と人との再会・再発見。コトとしての食。
Tracked: 2007-11-26 18:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。